脚やせに良い姿勢と歩き方

姿勢をよくすることと脚やせには、深い関係があります。姿勢が悪いということは骨盤がゆがんでいる可能性が高く、歩くときの脚の運び方や脚の曲がり具合にも影響が出てきます。

 

正しい姿勢で歩かないと、ウォーキングなどをしても大した効果が出ないばかりか、血行が悪くなったり無駄な疲労をためてしまうことにもなります。

 

骨盤を引き締める

 

姿勢を正しくしようと思って背筋をのばしても、すぐに猫背になってしまうのが姿勢の悪い人のクセです。意識しないで正しい姿勢を保つようになれるまでは、意識して背筋を伸ばす努力をすることが大切です。そのときに気をつけたいのが、骨盤です。

 

骨盤を引き締めているようにすれば、ぽっこりお腹も出っ尻も脚太りも解消することができます。上半身と下半身をつなぐ役目をする骨盤ですから、ここをきゅっと引き締めて行動するだけでも脚は細くなってくるものなのです。

 

正しい姿勢で歩く

 

O脚など脚が曲がっている人、脚が太い人に多いのが、足にかかる重心が外側に向いている点です。小指に重心が寄っていると、骨盤がどんどん開いてしまいます。あるいは、骨盤が開いているために、外側に重心がかかってしまうのかもしれません。

 

いずれにしても、正しくは親指に重心をかけて歩くことです。姿勢を正しくをキープして歩くには、足に合った靴を履くことも大切です。重心の傾きを正してくれる靴などもありますから、検討してみるとよいでしょう。

 

よく歩いて運動しているのに、脚が細くならないという人がいます。運動した後には脚の筋肉疲労をとることも欠かせませんが、姿勢をまっすぐにして歩くことでエネルギーの消費も高まってダイエット効果が出やすくなりますよ。