脚やせとセルライト

血行が悪くなって代謝がスムーズに行われなくなると、皮下組織に脂肪や老廃物がたまってきます。脂肪が細胞単位で太ってしまった状態、これがセルライトです。

 

細胞が肥満してしまうのですから、自力でセルライトを除去するのは非常に困難、あるいは無理といってもいいかもしれません。

 

しかし、脂肪細胞が太ってしまっている以上、放っておくわけにもいきません。どのような対策が効果的なのか、見ていきましょう。

 

セルライトを除去するには

 

人間は、脂肪が全くないと生きていけません。どんなに痩せている人にも脂肪組織はあり、それらは皮下の毛細血管のまわりに位置しているのです。

 

簡単に別の場所にまわってしまわないような構造になっているわけですが、いかんせん年齢を重ねてくると皮下脂肪を取り囲むコラーゲンが減少してきます。

 

そのため脂肪細胞が流れ出てしまいやすくなり、不摂生な生活を続けて脂肪細胞を増やしてしまうと過剰に肥大してセルライトとなってしまうのです。

 

これを改善するには、血行不良を直すことが不可欠です。また出来てしまったセルライトはそう簡単に落ちるものではありませんから、脂肪吸引手術やエステなどで施術を受けるしか方法がありません。

 

下手にマッサージを行ったことで、血行不良が増してしまうこともあるからです。

 

日常生活における注意

 

出来てしまったセルライトが自力で落としにくいからといって、生活態度を改めないのはよくありません。脂質や塩分、糖分のとりすぎに気をつけて、老廃物の排出に効果的な食品をバランスよく食べるのが食生活の基本です。

 

飲酒や喫煙、ストレスや睡眠不足も、避けるようにしましょう。脚を組むクセがある人も、血行不良に陥りやすいといわれます。

 

できるだけ頻繁に入浴する習慣を身につけ、シャワー入浴で終わらせないようにするだけでも血行は改善してきます。