手に汗を大量にかく多汗症

局部に多汗症の症状が出る多汗症には、手に症状が出る多汗症も存在します。一般には「手掌多汗症」と言い、緊張することによって汗腺が刺激を受け、大量の汗が出てきます。

 

この手掌多汗症の嫌な点は、緊張をあまりしていないのに症状が出る点です。また、手のひらの温度が上がることによってたくさんの汗が出てくると考える方がいるかもしれませんが、症状が出ている方の手のひらを触ってみると分かるのですが冷たいのです。

 

手掌多汗症の方はいろいろな面で不便を感じることがあり、例えば、本を読んでいる時に手のひらに汗をかくと本がビショビショになってしまうことがあったり、人と手をつないだり握手をすることをためらったりします。
また、ひどい方の場合は、手のひらを少し振ったぐらいで汗が飛び散るなどといったことも起こる方もいます。
汗が出る量には個人差こそありますが、手を使う場面は多々あるため、手掌多汗症の方は悩んでいる方が多いのが現状です。気持ちをマイナスの方向に持っていってしまい、そのままの状態にしておくと交感神経が過剰に働き、症状が重症化することも考えられます。

 

手を洗ったり、頻繁にタオルで汗を取ることなど自分でできる対策はいくつかあるにはありますが、多汗症であるという自覚を持った状態で過ごしていると手掌多汗症を改善することは極めて難しいです。

 

そうならないためにも、原因を早く見つけ、適切な治療や手術を受けるようにしましょう。代表的な手術方法や治療方法は交感神経を切ってしまう手術や、ボトックス注射などがあります。ほかにも精神的な面から治療をしたり、塩化アルミニウム液などの薬品を塗ったり、抗不安薬を使ったりするという方法があります。