イントラレーシックとは

近視を回復することができる手術として日本でも話題になり、体験者が増えてきたレーシック手術。その中でも、正確で安全性の高さが追及された手術法がイントラレーシックです。

 

レーシック手術では、角膜を削ることによって光の屈折率を変え、視力を回復させます。しかし、角膜を削ることができる厚みは個人によって異なり、角膜を削れる厚みがないために手術を断念する人もいたのです。

 

イントラレーシックでは、高性能なイントラレーザーという機器を使うことによって、角膜を極薄に削ることが可能になりました。万が一の危険性として懸念されていた角膜への傷つけも抑えることができ、より安全に確実な手術ができるようになったのです。

 

イントラレーシックが誕生したのは、アメリカです。アメリカでは、現在年間100万件ものレーシック手術が行われているといいます。レーザー機器の高性能化も進み、日本でも技術と実績の高いクリニックではどんどん最先端の機器を導入しています。それにより、個人個人の目の状態や希望に沿ったイントラレーシック手術が可能になった今、近視だけでなく老眼まで回復できるようになったのです。

 

年をとればいずれは誰でも目が見えなくなってしまうのが当たり前と思われていましたが、イントラレーシックの普及によってその常識も覆されてきました。

 

料金が低く抑えられるようになってきたのも、イントラレーシックが普及した背景の一つです。10万円以下で両目のレーシック手術を施してくれるクリニックも増え、入院の必要もないというのも気楽です。様々な割引制度を適用しているクリニックが多い中、クリニック選びも慎重に行いたいものですね。