保険適用になってほしいものです

生え際にシミを発見してしまいました。恐怖感はあったものの、シミです。右の生え際に、3つ発見。遅かれ早かれ、左の生え際にもシミができることが想像できます。イヤですけどね。でも、このままだったら、確実に左にもシミができちゃうことでしょう。

 

今はまだ小さいシミですから、今のうちに何とかしておきたいと願っています。ただ、費用次第という感は否めませんね。とはいっても、出せる額だったら、出しますよ。それでシミが消えるんだったら、それこそ一生モノですから、やっちゃいます。もし副作用があるとしても、その確率が低かったら、シミを消すほうに賭けますね。だって、それくらいにシミはイヤなんですもん。

 

市販薬を試したものの
シミを発見してから、市販薬をいくつか試しましたけど、どれもダメでした。かくなる上は、皮膚科や整形外科に行って処置をしないといけないということになるんでしょうか。

 

たぶん、保険適用外なんでしょうねぇ。だとすると、高価なんじゃないかと想像できます。イヤですって、そんなの。そんなことまで想定していません。おそらくは出せない額ではないと思いますが、出したい気分になりません、って。

 

とはいえ、この憎いシミが消えるとなると、考えちゃいますね。シミとカネ…。どっちを採るかという問題になってきます。本心を申し上げれば、安くシミを除去できないものかと。昼食代に毛が生えたくらいで、何とかならないものでしょうか。それくらいだったら、鼻歌交じりに出せるんですけどねぇ。